リフォームでも建築確認が必要な場合があります

リフォームは住宅の劣化した部分をメンテナンスし、新築の状態に戻すと言う意味を持ちます。
一般的に、リフォームを行う際には特別な届などをしなくても出来るようなイメージを持つ人が多いのが特徴です。
リフォームを行う時は、工事の種別や規模などに応じて建築確認による確認申請が必要になるケースがあります。
建築確認が必要になる工事と言うのはどのようなものがあるのかですが、これは次の様な工事が該当します。
まず、特殊建築物で床面積が100平米を超える場合、木造建築物の場合階数が3階もしくは3階以上の建築物、もしくは延床面積が500平米を超える場合、建築物の高さが13mよりも大きい場合、もしくは軒高さが9mを超える場合などになります。
また、木造以外の建築物で、階数が2階以上もしくは2階、または延床面積が200平米を超える建築物で、大規模の修繕や模様替えに該当するリフォームになります。
更に、防火地域や準防火地域以外での増築や改築の場合は、床面積が10平米以上である場合も申請が必要になるのです。